市青連のご紹介

事業計画

平成30年度 事業計画

 我々は、大きな変革期の始まりに立っています。

 昨今の景気動向の向上により企業活動が活発になってきました。しかしながら、少子高齢化の影響による労働人口の不足等の影響で、その仕事を推進し担うべき人財の確保が難しい時代になってきました。
一方では、AI, IoT といった先端の技術が進み、今まででは考えられない業務環境、仕事の進め方、概念が始まってきました。人が行う仕事が減りAIが担っていく、とも言われています。まだ、いずれも実際に全ての社会生活を変えるまでには至っていませんが、既にその片鱗は始っており、近い将来、我々の生活に、そして企業活動に大きな変革を与えることは避けられない事実だと考えられます。

 しかし、大きな変革は今だけではありません。古くは明治維新の文明開化に始まり、戦後の混乱、変動相場制への移行、バブル経済などの社会事変を始め、自動車や飛行機などの交通網の発展、携帯電話、インターネットの出現による通信環境の激変、そしてスマートフォンなどによるユビキタス環境の始まり、など、枚挙にいとまがないほどの経済環境の変化があり、そして企業はそれを乗り越え、適応し、発展、継続してきました。また、時流にのった企業が新たに生まれてもきました。ここから、我々が学ぶべき事は大きいと考えています。

 そこで、今年度のテーマとして 『温故知新』を掲げさせて頂きます。
故きを温めて、新しきを知る。

 過去の企業活動の変化を探り、そして来たる大きな変化の動向を探る。新しい変化を学ぶことは、大切です。しかし新しい事だけに目を奪われると、その変化の本質を見誤るやもしれません。過去から現在への変化を追求して今を知り、そして新たな変化を探求する。この事を強く意識した事業活動を推進して参ります。

 大阪市青年経営者連合会は、本年度40周年を迎えます。この長い歴史を紡いでこられた先輩メンバーの皆さまには敬意を表すると共に、その運営、活動を支えて頂いた親会であります大阪市工業会連合会、そして事務局の皆さまには深謝申し上げます。

 今年度は、長い歴史の1つの節目である40周年を記念した事業を実施するとともに、テーマ『温故知新』に沿ったブロック事業活動を実施します。
また、理事会活動の活性化、そして今年度から港工業会青年部が正式に復帰再加盟頂いた事に続き、未結成単位会の立ち上げを強力に推し進めて参ります。
さらには、会員各単位会相互そして市青連と会員各単位会との連携促進を中心に、大都市交流研究大会への参加を始めとした地域を越えた他都市との強いつながりも図り、他団体、行政との連携強化など、市青連の枠組みを更に拡大して参ります。

 我々青年経営者がこの激動の時代を打ち克ち続けるには、個々の企業、個人の力だけでは難しい時代です。業界を超え、地域を超え、互いに協力し刺激し合える、そんな仲間に出会える大阪市青年経営者連合会を目指して参ります。
  会員の皆さまにおかれましては、市青連に対し理解を深めて頂きますと共に、なお一層のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

概要

1. 会議の開催
  • ○定時総会
            平成30年5月18日(金) ヴィアーレ大阪
              午後5時    〜  総会
              午後6時00分 〜  講演会
              午後7時45分 〜  懇親会
  • ○役員会・理事会の開催
  • ○ブロック会議の開催
  • ○40周年記念事業実行委員会の開催
2. 後継者育成事業の推進
  • ○講演会の開催
  • ○研修会・学習会の開催
3. 第54回大都市青年経営者交流研究大会名古屋大会への参加
開催都市
名古屋市
日程  平成30年10月19日(金)〜 20日(土)
場所  名古屋 東急ホテル
4. 他の青年経営者経済団体との交流・研究
  • ○他の青年経営者経済団体との交流・研究を行い、資質の向上に努める。
5. 大阪市経済戦略局および市工連事業への参加
  • ○大阪市経済戦略局及び (公社)大阪市工業会連合会の事業に積極的に参加する。
6. 単位会の交流
  • ○単位会会長会議の開催
7. 組織の拡充
  • ○青年部未結成の工・産業会へ組織化を働きかけるとともに、ブロック間の交流を図るなど、組織の拡充に努める。
  • ○ 会員以外にセミナー等への参加募集を行うことなどにより、新入会員の加入を図る。

ページトップへ